topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵐のワクワク學校2013 6月29日 2時間目レポ - 2013.07.01 Mon


レポ②の続きです。


ネタバレのため閲覧注意!!!

その他注意事項は①・②同様です。


OKな方は続きからどうぞ。


嵐のワクワク學校2013 in 東京ドーム (2013.06.29)


<2時間目 チャリンチャリンの授業 担当:櫻井先生>

「僕が担当する授業は…(100円玉を指で弾き掴んでカメラに見せる)
 チャリンチャリンの授業です!(キメ顔)」

ここ!凄いカッコよかった!!動作が素敵すぎた(/ω\*)
が、遠かった人は何をしてるか分からなかったかも(^^;)

「チャリンチャリンの授業とはですね、要するに、お金儲けの授業をしたいと思います!」
「ありがとうございます(・∀・)!!!」←すかさず言ってましたww

「お金儲けしたい人ー!」
会場「はーい(^o^)/」
私ももちろん手を挙げましたが、8割くらいの人が手を挙げていたと思います。
「おぉー!本当にー!?みんな良いね~(笑)」

日本人は「お金儲け」という言葉を卑しく思う人が多いといいます。
きっと今手を挙げなかった人の中にはそうやって考えた人もいると思います。
でも、そんなことはないんです!
アメリカやイギリスでは学校でお金の授業というものがあるんです。

「どちいが高い?お金クイズ!!」
第1問
A.綱引きのつな
B.体操マット
予想→ A.末ズ B.天然
会場の予想は拍手で聞きます。Aの方が少し多いとなりましたが、ほぼ五分でした。
予想の理由は
「学校に一つしかないじゃん?だから、単価的に高くなるのかなって」
「体操マットは裏面とかあるじゃん!だから…体操マットは体操マットでしかないんだよ!」
相葉氏、よく分かりませんwww

正解は綱が7万円、体操マットが2万7千円ということで、末ズの正解!!!
綱が高い理由は、材料が麻だからだそう。
麻は滑りにくい上に摩擦が起きづらいため手が熱くなりにくいそうです。

「綱引きの綱は綱でしかねぇんだな。(ボソッと)」
「そうですね(笑)そうなりますねwww」
いや、だから分かんねーよ(笑)
翔さん、天然読解力を分けてください。

「体操のお兄さんをやってた大野さん!外してしまいましたけど…」
「歌のお兄さんだから!」
山ぁーーーーーーーー!!!
実はですね、2時間目始まって以降大野さん一言も発してません!←
相葉さんが分けわかんないこと言って総ツッコミ受けてる時も
メンバーそれぞれカメラで抜かれてる時も
本当に微笑んでるだけなのです!!!
あぁ、大野さん喋ってないな~って思ってたらコレですよ!
もうさすがです!翔さん素敵すぎる!大野さんのこと好きすぎる!←

第2問
A.とび箱(8段)
B.鉄棒(小・中・大の3連セット)
予想→ A.じいまご B.総武線
「外れたー!」すかさず言う辺りさすがですwww
会場予想はBの方がホントにちょっとだけ多かったようですが、五分くらい。
予想理由は
「繊細だから」「…といいますと?」
「あの形が…。(手振りで山の形を作る)」
「なるほど。あの段々と山になってるね、形的に作るのが難しいのではないかと。」
あぁ、山々しい(*´`)
「やっぱ学校に1コなんですよね。そんな何連も鉄棒がある学校見たことないもん!!
 とび箱は何個も並べてやるじゃないですか。」

「そうですね、2列、3列並べてやりますね。」
「それに工事費がかかるでしょ!」
「えっと…ごめんなさい(笑)今回工事費入ってませんww」
「あ、そうなんですかwwごめんなさい、ごめんなさいww」
相葉さん、気持ち分かるよ!私も考えたもん!←

正解はとび箱が15万円で鉄棒が10万円ということで、じいまごが正解!!
とび箱は全て職人さんが1ヶ月かけて手作りするそう。
さらにその職人さんは日本で100人程しかいないらしいです。
さらにとび箱はニレの木という、時間が経っても変形しない木材を使っているため、高いそうです。
ちなみに踏み台もニレの木なんですって。

「金銭感覚がまるでないや…(すごくボソッと)」
「「そんな落ち込むなよ!」」
バンビズがハモったぁ━(゚∀゚)━!!!
でも本当に「相葉さん急にどうした!?」ってくらいボソッと言ったんですよww
ちょっとビックリしました(^◇^;)

以上でクイズは終了。
物の価格は安全や時間、それだけというブランド力などで決まっていくことが分かったわけです。

翔さんから「円」という単位を「拍手」に置き換えてみましょうという提案が。
円という字をよく見ると、手を合わせているようにも見えてきます。
お金を払う際に、100円なら100拍手、千円なら千拍手、と感謝の気持ちにしてみましょう。

1本50円の色鉛筆に、何人の人たちが関わっているかを調べてきました。→VTR
色鉛筆工場が出てきます。
「あ!知ってる!」
「マジで!?なんで知ってるの?」
「近所にあった!有名だよ!」
と、ニノが知っていた工場では22人の作業員の人が。
作業工程を説明すると同時にその持ち場を担当する人とその人の一言が。
熱意ある一言ばかりでした。時にはほのぼのする内容のものも。
続いて芯の部分を作る工場。
180mもの長い芯を蕎麦打ちの要領で切っていきます。せいろも使ってました(笑)
ここでは30人の方が作業されてました。
さらに芯の原料であるタルクの採掘作業。中国で手作業で掘り出されていました。
ここでは中国人12人が作業。
さらに、さらに持ち手である木の部分。
アメリカで木を伐採し、中国で加工されます。
伐採作業をしてるアメリカ人が12人、加工工場で働いてる中国人が26人でした。
よって、50円の色鉛筆に関わっている人は合計102人ということでした。

「物を売る時も「これを売って儲けてやろう。フェッフェッフェッ…」ということでは無く、
会場爆笑
「もっかいやる?「これを売って儲けてやろう。フェッフェッフェッフェッ」
 ということでは無くですね、感謝して貰ったと思ってください。」

このキャラめっちゃ面白かったwww
悪代官みたいなwww翔さんサイコーwww

~まとめ~
お金を払うということは感謝するということ。
ある作家さんはタクシーに乗ると、必ず運転手に100円のチップをあげるそう。
すると、いくら無愛想な運転手でも嬉しそうな顔をするといいます。
それにより、運転手さんは次のお客さんを笑顔で迎え、そのお客さんも気持ちよく利用できる。
感謝の連鎖が生まれるんだそうです。

近年、お金はいらないから働きたくないという人が増えています。
しかし、ちゃんと働いて、価値のあるものに思いっきり(お金を)使う。
そういうことが大事なのではないでしょうか。

櫻井先生の伝えたいこと
『お金がつなぐ感謝の連鎖』



3時間目は④に続きます。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sakuraisuto.blog.fc2.com/tb.php/240-93463f94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

嵐のワクワク學校2013 6月29日 3時間目レポ «  | BLOG TOP |  » 嵐のワクワク學校2013 6月29日 1時間目レポ

プロフィール

koketashi

Author:koketashi
北海道出身、千葉県在住。
現在一人暮らし。
嵐・BUMPが大好きです!!!
コメ・ブロとも・リンク大歓迎!!!
よろしくお願いします!

訪問ありがとうございます

最新記事

最新コメント

カテゴリ

日常 (90)
アラシゴト (152)
VS嵐 (12)
しやがれ (13)
顔スゴ (2)
ひみあら (15)
ロンドン五輪 (6)
コンサート・イベントレポ (23)
嵐音 (10)
お出かけ (31)
BUMP (5)
自己紹介 (3)
未分類 (1)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。