topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵐のワクワク學校2013 6月29日 4時間目レポ - 2013.07.02 Tue

レポ④の続きです。

ネタバレのため閲覧注意!!!

その他注意事項は前記事と同じです。


大丈夫な方は続きからどうぞ。



嵐のワクワク學校2013 in 東京ドーム (2013.06.29)


<4時間目 チクタクの授業 担当:松本先生>

「ワクワク學校が始まって90分が経ちました!」
会場「えー!?(ざわざわ)」
「みなさんはこの時間、長く感じましたでしょうか?それともあっという間だったでしょうか?」会場頷く
「短く感じる人はそれだけ集中して、楽しんでいる人です。ありがとうございます。」

それぞれの授業が始まる時に毎度チャイムがなるのですが、
実はこのチャイムは56年前にビッグベンの音を参考に、国語の教師だった井上先生が開発したそう。
それまではジリリリリという非常ベルや、現在でも抽選会などで使われる
カランカランというベルを使用していたそうです。

ここで当時使っていた初代チャイムが登場!!!
150cmくらいの縦長の木の箱に5本のパイプが並んでて、
打つ棒(?)が自動で動くようになってました。
古いものなどで動作はゆっくりでしたが、しっかり鳴りました!
ちなみに、OP始まる前に一番最初に鳴ったチャイムもこちらを使用していたそう。

次に1分間でどれくらい走れるかやってみよう!という企画に。
大宮は気まずい表情(笑)
翔さんは目をキョロキョロさせてましたwww ←絶対わざと

その間も潤くんの説明は続きます。
4人にはバッターボックス側にあるスタートラインから1塁側からぐるっと走ってもらいます。
ただし、1人だけ力を抜いて走って良い人を決めます。
他の3人は全力で走ってください。

力を抜いて走る人を決めるためにボールの入ったBOXが登場。
金のボールを当てた人が力を抜いて良い人です。
ここで引く順じゃんけん。SOANの順に決定しました。
「これで最初に引いたら凄いな…ww」と言いながら引くと、
なんと金のボール!!!
これには会場湧きました!!!そして翔さんカメラアピール(≧∇≦)!!!
他3人は何だよー!とやじを投げます。
ボールをBOXに戻す時に「一番やっちゃいけない…ww」と後ろにいた3人に言ってました(笑)

ステージからスタートラインへ移動。
まだ走るのを嫌がる大宮さん(笑)
「相葉くんと翔ちゃんだけ走りなよ~」
「いやっ、ちょっとまて!ww」
大野さんどんだけ走りたくないんスかww
でも素敵なお山をありがとう←

4人がスタート位置につきます。
「位置について…よーい、スタート!って言ったら走ってくださいね(笑)」
みんな一斉に走りだし、崩れ落ちますwww
「あ~!古典的ー!!」
「あー!先生もう俺、今ので足折れました!!」
「折れないでしょ!はい、もっかい戻ってください(笑)」

そして、今度こそスタート!!!
翔さん意外の3人は全力で走りだします。
やっぱり相葉さん速いです!
そして、翔さんはというと、外周にお手ふりしながら
ウィニングランのようにゆっくり走ります。
私のブロックの前も手を振りながら通ってくれました(〃▽〃)

1分間走った結果は
相葉さん1周と4分の1、大宮も1周超えました!
終わった瞬間その場に倒れこむ3人。
相葉さんは割とすぐ立ち上がったのですが、大宮は四つん這いではぁはぁしてました(笑)
ちなみに、翔さんは半周とちょっとくらい。
「なんで俺だけこんなに遅いかって?だって俺力抜いてるからな\(^o^)/!」

「この1分間だけで、頑張った人と頑張らなかった人でこれだけ差が出るんですね。
 さっき翔さんは力が抜けると喜んでましたが、これが1時間になり、1時間が1年になり、
 1年が10年になると…
(会場笑い出す)もの凄い差が出ることになりますね。」
「やっちまった!(両手で頭を押さえる)やっちまった…くやしいです。」
翔さん可愛すぎるwww

ステージに戻ってくるよう潤くんが言うのですが、
大宮が未だ四つん這いのまま(笑)
ニノが大野さんにハイハイで近づきますww
会場「かわいいー(*´`)」
そのまま2人でヨロヨロと立ち上がり、ヨタヨタしながら戻りました。
相葉さんは席に着いたとたん太ももをトントンしてました。

続いて、10年後の自分への手紙。
みんなにも課題で出しましたが、潤くんも20歳の時に手紙を書いたと。
10歳の時に10年後の自分に手紙を書いていて、それがとっても良かったので
成人式の同窓会後にまた手紙を書く事にしたそうです。
そして、丁度10年経ち、たまたまこの授業をやろうってなった時に
手紙のことを思い出し、管理してくれている友達のところへ行って取ってきたそうです。
まだ未開封のもので、自分もどんなことを書いてるか分からないと。

さっそく、潤くんが読もうとした時に…
「先生!…はぁ、体力が…。」(息切れ気味)
「何ですか?今から僕読むんですから。」
「…(呼吸整えてます)それ、僕に読ませてください…(キツそうな顔)
 ちょっと、さっきのがまだキテますけど…僕が読みます!」

「きっと、10年前の熱さと今の熱さって違うと思う。」
「うん。(笑)」
「だから、恥ずかしいことを読まないかもしれない!」
「いや、読むよ!www」
「飛ばしちゃうかもしれない!だから、僕に読ませてください!」

というわけで、潤くんが渋々ニノに渡し、ニノが読むことに。

「10年後の自分へ。はじめまして、10年後の潤くん。二十歳の松本潤です。
 30歳の潤くんは楽しく過ごしていますか?二十歳の自分は色々ある日々を楽しく一生懸命生きています。
 ここで、いくつか30歳の潤くんに質問したいと思います。失礼します。
 芸能界にはいますか?仕事は何をしてるんだろう。まだ嵐の5人で頑張っていますか?
 今の僕は芸能界のトップを目指しています。アイドルのトップ、日本のトップ、世界にも出たいです。
 今からあなたにたどり着くまで本気で頑張ってやります。
 だから10年後、思い通りの自分になれてることを祈っています。決意表明です。
 身体は健康ですか?昔から身体が強い方ではないので、少し心配ですが、多分大丈夫でしょう。
 膝は大丈夫ですか?こないだ病院へ行きましたが、そろそろまた病院へ行きそうです。
 両親、姉は元気ですか?最近、家族の大切さが分かってきました。
 もしケンカしていたらすぐに仲直りしてください。絶対に。
 服は買いすぎてないですか?今の僕は少し無駄遣いが多いので、変わってて欲しいです。
 性格はどうでしょう?挨拶、感謝の気持ち、礼儀、しっかりやっていますか?勘違いしてないよね?
 カッコ悪いからやめてよ。今書いたことで叶ってることがあったら、少しは満足してください。
 完璧主義者だから納得したりしなかったりすることもあると思うけど、
 10年前になりたかった自分になれたんだから、おめでとうor残念でした。
 30歳になると先が見えてきちゃったりするかもしれないけど、挑戦し続けて欲しいです。
 歌は上手くなりましたか?今、上手になりたくて。外国語も喋りたい。作詞・作曲、ピアノも弾きたい。
 色々めんどくさいこともたくさんあるんだろうけど、お互い頑張ろう。未来の為に。
 最近長生きするのもいいかなーと思います。周りの人と仲良く幸せな毎日を送ってください。
 一度しか無い人生をEnjoyしてね!頑張れ、俺。
 2004年1月16日、171cm、55.3kg、Enjoyがテーマ、ジョニー・デップ好き…Everyday Enjoy!!!」


最後はもっと色々あったんですけど、印象に残ったのがジョニー・デップ好きだけでした(笑)
ニノは途中、笑っちゃってから読んだりとか、上手く間を開けて読むので凄く面白かったです。←
潤くんは自分の質問にちゃんと答えてました(笑)
会場のみんなも「おー!」とか「へぇ~」とか言いながら聞いてました。
私的萌えポイントは10年後の自分のことを「潤くん」って言ってるところです(*´∀`*)

「これ自分から自分に宛てた手紙じゃん?なのにすごい遜って言ってるよね(笑)」
「先輩だからね(笑)」
膝の不安はもう全くなく、病院も行ってないと。服も前ほどひどくないそうです。
物欲が無くなってきたと言ってました。
「10年経つと人って変わるもんだよね」
と言ってましたが、潤くんは根本は変わってないと言ってましたね(笑)
やはり、本人から見るのと外から見るのでは差があるようです。
それにしても、内容と言葉のチョイスが面白すぎましたwww

20歳の時もそうだったんだけど、どうせ自分で書いた内容は忘れてるから真面目に書こうって書いた。
実際もう嵐じゃなかったかもしれないし、芸能界にいないかもしれないけど
ちゃんと5人で活動してて、アジアツアーとかにも行けて、
叶ってる部分があるって思うと、改めて、感謝しないといけないなという気持ちになる。

続いて、会場にいるみんなのを発表してもらおう。ということに。
「課題やってきてくれた人ー?」
「はーい(^o^)/」←8割くらい手を挙げてました。
「おー!ありがとうございます。
 やってない人はぜひ、家に帰ってからでもやってみてください。」

ここで潤くんが手カンペを見ながら(恐らく座席表)指名。
「じゃぁ、3塁側の…B40ブロックの…30列301番の方!」
手を挙げるとカメラに抜かれ、照明が当たります。
スタッフがイヤホンとマイクを渡します。
ナツミさん、17歳の高校3年生、横浜から来た子でした。
手紙の内容は保育園の先生になるという夢に向かって頑張っているというもの。
潤くんもニコニコしながら聞いていました。
読み終わったあと、メンバーが口々に感想をいい、潤くんがいくつか質問。
最後にまとめと、ナツミさんへエールを送って終了。

ここで、会場のみんなに松本先生から宿題が出されます。
それは、手紙に書いた10年後の目標を達成出来るように頑張ること。
実は私、課題をやっていかなかった問題児だったんですが←
丁度20歳の誕生日が近いということで、その日に手紙を書く事を決意しました。

さて、次に嵐のメンバーにも10年後の自分へのメッセージを
ビデオレターとして残してもらおうということに。
今回はニノ。潤くんが小さめのカメラを持ってきて、ニノを撮ります。
「こういう場ですから、真面目に言ってもいいし、ふざけても良いですよ。
 ただし、これを10年後見るんですからね(笑)?」

「これは、俺ら10年後に見られるってことで良いの?」
「見れます!僕がちゃんとみんなに渡します!」

「それじゃぁ、いいですか?」
「ちょ、考える時間とか無いの?www」
「考える時間いりますか?」
「いや!いりません!考えるとかしません!」
ってわけでスタート!

「(一礼)こんにちは。いや、こんばんはかな。君はもう40か。どんな10年でしたか?
 30歳になって、1分間本気で走らされて、今ちょっと気持ち悪いです。
 でも、30歳の僕はそういう仕事をしています。
 お腹は…出てくるでしょう。本当に気をつけた方がいい。
 健康は、そんな感じで…仕事は、この5人で今までと変わらず楽しく、
 色んな人、周りの人に感謝して、仕事が出来てれば良いなと。
 後は…特にはないかな。
 それだけ30の自分に満足しているんだとお思います。
 仕事もそう、人間関係もそう。
 それをなるべく減らさず、やっていければ良いなと思います。
 …はい!」


ニノの正面アップだったのですが、途中で横顔を撮りつつ
後ろの他メンが見えるように移動。
その時翔さんピースしてました(笑)
最後はまたニノの正面に移動してました。
お腹の件ではニノがシャツをめくって、下に一枚来てましたが
まぁ、相変わらずの綺麗なお腹であろうことは見てとれましたwww

言ったあとすぐに、
「(これを)こういう場で見たいね!」
と言っていて、他メンもそれに頷いていたのが微笑ましかったです(´∀`)
もしそういうことが出来るならば、その場に居合わせたいなと切に思います。

~まとめ~
流れる時間は永遠だけど、人に与えられてる時間は有限です。
誰しも終わりがきます。

現在を英語で言うとPRESENT。現在は過去から送られた贈り物。
今を大事に生きることは未来の自分へのプレゼントなのです。

松本先生の伝えたいこと
『時間は2度と戻らない大切な財産』


5時間目は⑥へ続きます。

 
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sakuraisuto.blog.fc2.com/tb.php/242-469a9b07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

嵐のワクワク學校2013 6月29日 5時間目レポ  «  | BLOG TOP |  » 嵐のワクワク學校2013 6月29日 3時間目レポ

プロフィール

koketashi

Author:koketashi
北海道出身、千葉県在住。
現在一人暮らし。
嵐・BUMPが大好きです!!!
コメ・ブロとも・リンク大歓迎!!!
よろしくお願いします!

訪問ありがとうございます

最新記事

最新コメント

カテゴリ

日常 (90)
アラシゴト (152)
VS嵐 (12)
しやがれ (13)
顔スゴ (2)
ひみあら (15)
ロンドン五輪 (6)
コンサート・イベントレポ (23)
嵐音 (10)
お出かけ (31)
BUMP (5)
自己紹介 (3)
未分類 (0)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。